子ども名義の通帳にお金をいれています

普段使うためのお金と、貯金するためのお金を別々の口座に入れています。しかも貯金のお金は子供の名義でつくった通帳に入れているのです。私が通帳を作った当時、子供の場合は銀行口座のカードを作ることができないルールになっていました(今はその銀行でも子供でもカードを作ることができるそうです)。カードがあるとATMでつい引き落とすことができますが、カードがない場合は印鑑と通帳で窓口で引き落とすしかありません。ですからどんどんたまっていきます。

健康に気を使えば余計な出費が減る

コツコツ貯金をしていくためにはやはり日々の節約が大事ですね。私は健康に気を使うことで節約するようにしています。具体的には、鍼灸・整体・気功などの代替医療を取り入れたり、毎日筋トレをしたり、食事に気を使うことで体が本来備えている機能を引き出し節約につなげるようにしています。

2つ例をあげると、
1)体温調節機能が強化されれば冷暖房に依存しなくなり電気代が浮きます。
2)筋力や体力を強化しなるべく自分の足で歩くようにすれば交通費が浮きます。

このように余計な出費を減らし、その分を貯金にまわすようにしています。